FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

39w2d 出産

病院へ着き、私は内診・ダンナは外で待機。

『間違いなく破水です。入院ですね。』
と言われ一安心。これで24時間以内に赤ちゃんを産める。
この苦しみから解放される。

NSTをつけたらすぐまた尿意をもよおしトイレへ
陣痛が始まってから何回トイレへ行っただろう。。。

再びNST、そして内診。
子宮口の開き 3cm!!

たった3cm・・・。

羊水が陣痛が襲って来る度ジャボジャボ大量に溢れ出す。
『羊水溢れ出してますけど大丈夫ですか?』
『羊水は赤ちゃんの頭で蓋する以外止まらないの。
なくなることはないから大丈夫。』
と言われ羊水に関する心配は私からなくなりました。

抗生物質を2錠飲み入院する部屋へ移動。
移動中破水したから24時間以内に陣痛促進剤など使用して
出産になるのか質問。
すると抗生剤を飲んでいるからその必要はない。
24時間で出産になるかも知れないし48時間かかるかも知れないし
悪魔でも自然で行きます。と言われガックリ。。。

ダンナにそのことを伝えまだまだ産まれそうにないので
いったん自宅に帰ってもらう。

そして入院。

ベッドの上で苦しむこと数時間
1度だけトイレに行ったかな?
同部屋に産後のママと新生児が居たので少し気を使う。
なるべく静かにとこらえていたら見回りの助産師さんが来る。
でっかいナプキンをしてもらっているのにそれでも羊水が溢れ出して
敷布団に漏れてしまったことを伝えると
私の全体的な様子を見て内診しましょうと内診室へ。

子宮口の開き 5cm!!

『こんなになるまで1人でがんばってたん?
ここはそんなに敷居高くないで、もっと早く来てくれてよかったのに。』
と内診室にいた助産師さんに言われ陣痛室へ移動することになる。

午前3時台 陣痛室へ移動。

だって3~4分間隔なんて程遠いし、1度は病院から帰されてる身
今日までこの痛みに耐えて来たわけだし
私の中ではまだまだ前駆陣痛だと思い込んでいた。

さっきのNSTで1箇所気になるところがあると言われ
再びNSTをつける。
たぶん赤ちゃんの腕がへその緒に当たったとか
その程度で心配はいらないだろうけど念のため。

午前4時 1度NSTを終了し、ダンナを呼ぶことに。

ダンナも帰って1時間程しか寝てないはず。
だからゆっくりでいいから安全運転で来るように伝え
再びNST。
助産師さんによると、どうやら今日中に産まれるらしい。

ただ猜疑心の強い私は信じられず・・・
また前駆陣痛かも知れないし、今日中じゃなかったら余計
精神的に疲れるだろうから聞き流す。

分娩室・陣痛室は私以外の患者はおらず
助産師さんの手が空いていたのでずっと腰を擦ってくれていた。
ダンナ到着。助産師さんがいなくなる時はダンナが背中を擦ってくれて
時々は一人の時間もあったけどほとんどどちらかが擦ってくれてたような
記憶がある。
いきみ逃しのカイロやテニスボールを使う余裕はなかった。。。

この時点で子宮口の開き 7㎝!!

『この子は偉い子だぁ~お父さんのいる時に産まれて来るなんてね~。
午前中には産まれてきますよぉ~。』と言われる。

それでも私は半信半疑。
午前中・・・と言うことは多めにみて午後3時くらいまでと思っておこう。
あとでガックリしたくないし。。。
なんて思いながら陣痛は激しさを増していき
寝ていられない、ベッドから降りて立ったり、陣痛の痛みが最大になったら
そのまま自然と背伸びした状態になったり、落ち着いてベッドで横になったり
今までに掻いたことのない程の汗が顔面から出ている。

陣痛中につわり?
汗拭きタオルの柔軟剤のニオイが吐き気をもよおす。
臭い!!これはつわりの時に味わった感覚と思いながらも
そんなことどうでもいい位、陣痛に襲われている。
痛みが激しくて左足がガクガク痙攣を起こしている。
『足が勝手に震えるぅ~』と思わず笑ってしまった。。。

そして内診。
子宮口の開き 8~9cm!!

もう少し!助産師さんに『私が居る時はいきんでみていいよ。』
と言われるがいきみ方がよくわからない。
おしっこに行きたい!とにかくおしっこ!と訴えるが
『私はおしっこじゃないと思う、今トイレに行かせることはしたくない』
と断られる。
『じゃあここでしちゃってもいいですか?』
と産褥シート上(パンツ)の中にしようと試みるがでなかった。。。

『いきみたくない?』
『?』
『うんちしたくない?』
『昨日、出してるので行きたくないです。』と至って冷静。
『あとでおしっこ取ってあげるから・・・』

寝ている時はグーで、立っているときはおしりをひざでカバーしてくれる。
いきむよう言われいきんでみる。
『よし!分娩室移動します。
(頭のてっぺんを触りながら)赤ちゃんの髪の毛見えてるよ。』
今思えばうそ~!!って感じだけどその時は冷静にふぅ~んって感じだった。

午前6時台 分娩室へ移動

いよいよ本番!と気を引き締める。
出産に向けて進行度は、あと残り何割だろう・・・
想像ではこれから残すところ6割くらい?
これからが本番だから頑張らねば!と気合を入れてた。
まだまだ冷静。。。

分娩の準備が始まる。
ちなみに私希望の導尿をしてもらう。(出たのかどうかは定かでない)

ダンナいないけど、もうすぐ産まれるんじゃなった?
まだこれから数時間かかるのか・・・。

準備OK!!
『ハイいきんで』とよくわからないけど気張ってみる。
助産師さんがダンナを呼びに退席。
後にダンナに聞くところによるとまだまだかかると思ってトイレに行ってたらしい。
帰ってきたら陣痛室に私たちがいなくて迷子になってたそう。(なんだそれ!)

陣痛の波が来ると
1回目の波で深呼吸して、2回目の波で息を止めていきむ
言われるがままやってみてやり方がわかった。

次の波が来た時、軽くいきむべきか力の限りいきむべきか
迷ったけど分娩が長引くのも嫌だし助産師さんがいきんでいいと言うのだから
力いっぱいいきんでみよう。

数回の波で力いっぱいいきんだら頭が出てくる感覚が。
『先生呼んでください!』
あっ、いよいよなんだ。

『ダンナさんこっちから頭が見えてるところ見ますか?』
(ダメ!絶対だめ。うちのダンナは倒れるわ)
私もダンナも『いいです。』と断る。

『イ・タ・イ・・・』と小さい声で言いながら
陣痛の波とともにどんどんいきむ自分がいてる
3回のいきみで頭が出たはず。でも私はまだまだなんだと思って
更にいきみ始めたら慌てて止められる。
『もう頭出てるからいきまなくていいよ~』

『へその緒巻いてるな~』
『逆・逆・・・』
など助産師さん同士の会話が聞こえる。

『肩を出すからもう1回だけいきんで~』
と言われいきんだら取り上げられた赤ちゃんの背中が見えた。
それからオギャーと言ったのかな?よく覚えていない。
実は頭の中を 感動しなかった がクルクルまわっていて
あっという間であっけなく出産が終わってしまったことに
戸惑っていた。

のちにダンナが赤ちゃんが出てきた時に巻いていたへその緒は
かつて4Dエコーで見たときの巻き方と同じだったと言っていた。

へその緒を処理してもらい私の胸へ赤ちゃんを乗せてもらう。
羊水でふやけてクチャクチャの赤ちゃん。
思っていたより小さくてなんだかショック。。。

ほんとに前駆陣痛が長かっただけにあっけない終わり方で
感動で涙が止まらないはずの予定が
(感動しなかったよぉ~今産んだやんなぁ~)
とかが心の中でグルグル回ってました。
のちにダンナは赤ちゃんが出てきた瞬間泣くほどではなかったけど
ウルウルってしたって言ってた。これがせめてもの救いだわ。

まだ助産師さんは下でゴソゴソしてるけど
あまり意識がそっちに行かず、赤ちゃんを見ている私。
『ちょっと気持ち悪いですよぉ~』の声で何かしてることに気が付く。
ドロンっと胎盤を取り出して見せてくれました。
全体的に白くて血管が走っているところは黒く見えて
漫画に出てくる脳みそみたい。

すぐに赤ちゃんは連れて行かれ測定へ
ダンナに良く頑張った!と言ってもらい頭をなでなで。。。

ダンナは赤ちゃんが気になるようでカメラを持って
赤ちゃんの元へ
写真を撮ったり助産師さんに質問したりしてる声が聞こえる。

その間、私は傷の縫合へ
助産師さんから先生へ変わり局所麻酔の相談。
歯科で使用するキシロカインという局所麻酔薬を使用予定だが
気分が悪くなるとバースプランに書いてあるがどうするかなど
ゆっくりうってもらえば問題ないので使用してくださいと希望する。
吸収性の糸で縫合。
だいぶ傷ができていたようでかなり縫っていた。
早く終わって欲しい、左足が疲労でプルプル震えていた。
(これが産後今でも痛い。たぶん抜糸すればすぐに痛みは治るのだろうけど)
私の場合、会陰切開をしなかったけどあまりにも冷静だったため
麻酔なしで会陰切開をされていたら失神してたんじゃないかと思う。
(局所麻酔の針でも何箇所かさされている感覚はしっかりあったし)

縫合している最中、カーテンの向こうから助産師さんの声が
『お母さ~ん、出産をがんばったお母さんより先にお父さんが
赤ちゃんと一緒に写真を撮ってって言ってるけど撮っていいのぉ~?』
と(別にいいけどうちのダンナはカーテンの向こうで何をやってるんだか・・・)
『いいですよぉ~』と一応言っておきました(笑)

縫合が終わって、赤ちゃんも計測が終わって
赤ちゃんを抱っこしたダンナが帰ってきました。

産後の処置(服を着替えさせてもらったり)をしている間
助産師さんから
『お母さ~ん、赤ちゃんお父さんに食べられちゃいそうですよ~(笑)』
と言われました。どうやら抱っこしながら相当覗きこんでいたようで・・・(笑)

そんなこんなで 10月25日 午前7時7分 分娩時間 6時間12分
の安産でした。 (自宅での前駆陣痛を含めると59時間)

『お産の進行は遅かったけど初産婦にしたら安産でした。』と言われました。

前駆陣痛はもちろん痛いし、いつまで続くのかわからず精神的にも辛かったけど
そのおかげで振り返ればあの辛い(本)陣痛を簡単に乗り越えられたのは
これも前駆陣痛かもしれないと言う勘違い。
そして前駆陣痛は分娩につながらないけど(本)陣痛と同じであるのに
別物なんだという勘違い。
結果、私には前駆陣痛があったからこその安産だったかも知れません。
知らないってある意味強いのかもね・・・?

回復室へ・・・

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へにほんブログ村 マタニティーブログ 不育症から妊娠へにほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ

    ↑ポチッとご協力お願いします(^^♪
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠後期(8ヶ月~10ヶ月) - ジャンル : 結婚・家庭生活

2009/11/03 07:57 | 妊娠10ヶ月COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ゆぅねねさんの冷静な様子が凄く伝わってきました(笑)いざとなれば女は冷静になれる!っていう感じ…??なんでしょうか(^_^;)いや、それだけもう、腹をくくった!って感じなのかなぁ。改めて出産お疲れ様でした!
実際に私も同じ立場になったら意外と冷静になってしまうかも。
私も、ゆぅねねさんのような素敵なお産がしたいなぁ。無事にうまれてきて欲しいなぁ。

No:1083 2009/11/03 11:03 | よねあゆ☆ #- URL [ 編集 ]

よねあゆさんへ

もし前駆陣痛がなかったらパニクっていたかも知れませんよ。
2日間痛みに耐えると痛みにも慣れてきて
これ位平気…って感じだったし
まだまだ長丁場なんだと勘違いしていたから
体力と精神力を温存しなければ。と勘違いしていたのがよかったんだと思います。
今振り返れば陣痛は長かったけどよい思い出です。
よねあゆさんも私よりもっと安産でありますように☆

No:1084 2009/11/04 12:21 | ゆぅねね #- URL編集 ]

私も前駆陣痛は辛かったです><
家にいるときは生理痛の酷い感じ程度で
絶えられてたけど、病院につ着いてからは
ある意味安心したのか痛みが急速に増して
<前駆>なんて中途半端な位置に
おいて欲しくないくらいですよね。。。

破水は,私の場合は
出た!思って看護婦さんを呼んだら
おしっこが出ただけで恥かきました^^;
今思えば量が全然違いすね^^;

全力で産んだのが伝わってきて
すごいな~って思いました!
本当にお疲れ様でした!!



No:1086 2009/11/06 13:36 | mamechin #- URL編集 ]

mamechinさんへ

へぇ~!mamechinさんは徐々に痛みが激しくなっていった感じですね。
私は初日辛くて。2日目慣れてきて3日目激しく痛んでました。
人によってお産の形は全然違いますね~。

破水と尿モレと結構間違える人多いみたいですよね。
私もトイレに何回も行っていたのでパンツの中で
漏れる事はなかったけど
トイレの中でおしっこを出した後にもう1回チョロチョロって出ることが多くて
もしや破水?って何度も思ってました。
実際少量の破水から始まる人もいてるそうですしね。

No:1088 2009/11/07 12:00 | ゆぅねね #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。